旅行のプロフェッショナル「ディスティネーション・スペシャリスト」がご案内するマレーシア・ボルネオ専門旅行会社【マレーシアリゾートクラブ】

タビン野生動物保護区/ダナンバレー/ラバダトゥ

tabin-01

ボルネオ熱帯雨林の奥地に潜む野生動物生息地
“ディープジャングル”

コタキナバルから飛行機で約1時間のラハダトゥはダナンバレー自然保護区とタビン野生動物保護区の玄関口。ダナンバレーはラハダトゥから西に85K、数少ない原生林が残るジャングルで、世界各国から多くの研究者が訪れる。

ネイチャートレイル&ビューポイントトレッキング、ナイトサファリ、キャノピーウォークで楽しむことが可能。レッドリーフモンキーやテナガザル、マメジカやふくろう、ムササビなどの動物を見る事が出来る。
タビンはラハダトゥから北西40Kのところに位置し、サバ州野生生物局の管理下にあり、原生林の森には数十頭しか居ない野生のスマトラサイも生息している。
基本的にトレッキング、ナイトドライブ、マッドボルケーノ(泥火山)のアクティビティ体験や、ベンガルヤマネコ、ブタオザル、テナガザル、ボルネオ象などの動物を見ることが出来る。

コタキナバルから直行便で約1時間

主な観光スポット

ダナンバレー

ラハダトゥから車で約3時間 森林伐採が進む一部を自然保護区に制定し、数少ない原生林が残るジャングルには世界でも生物の多様性が非常に高い場所として知られており、野生のオラウータンやゾウ、絶滅危惧種にも指定されているスマトラサイが生息している。 保護区内には120種以上の哺乳類、300種以上もの鳥類が生 …

タビン野生保護区

ラハダトゥから車で約1時間半 12万500ヘクタールとボルネオ最大の保護区で、ジャングルには様々な動物や川や滝、マッドボルケーノが湧き出ている。 サバ州の哺乳類・ビッグ3に数えられる、ボルネオ・ピグミー・エレファントや、スマトラサイなどに出会える。

主なルート
※日本=成田空港・羽田空港
※ご案内するルートは毎日運航していない路線もございますので、予め了承下さい。

日本からクアラルンプール・コタキナバルを経由してラハダトゥへ
日本⇔(飛行機)⇔クアラルンプール⇔(飛行機)⇔コタキナバル⇔(飛行機)⇔ラハダトゥ
所要時間は日本⇔クアラルンプール間が約7時間半、クアラルンプール⇔コタキナバル間が約2時間半、コタキナバル⇔ラハダトゥ間が約1時間

日本からコタキナバルを経由してラハダトゥへ
成田⇔(飛行機)⇔コタキナバル⇔(飛行機)⇔ラハダトゥ
所要時間は成田空港⇔コタキナバル間が約6時間、コタキナバル⇔ラハダトゥ間が約1時間

日本からシンガポールを経由してラハダトゥへ
日本⇔(飛行機)⇔シンガポール⇔(飛行機)⇔コタキナバル⇔(飛行機)⇔ラハダトゥ
所要時間は日本⇔シンガポール間が約7時間半、シンガポール⇔コタキナバル間が約2時間半、コタキナバル⇔ラハダトゥ間が約1時間

日本から香港を経由してラハダトゥへ
日本⇔(飛行機)⇔香港⇔(飛行機)⇔コタキナバル⇔(飛行機)⇔ラハダトゥ
所要時間は日本⇔香港間が約4時間、香港⇔コタキナバル間が約3時間、コタキナバル⇔ラハダトゥ間が約1時間

スタッフブログ・月別バックナンバー

side-bnr_memo

side-bnr_tel

side-bnr_mail

side-bnr_mail

bnr-npo-borneo

PAGETOP