旅行のプロフェッショナル「ディスティネーション・スペシャリスト」がご案内するマレーシア・ボルネオ専門旅行会社【マレーシアリゾートクラブ】

ジョホールバル

johoru-01

マレーシアの歴史と伝統の都市ジョホールバルは、マラッカ国王が欧州の列強から逃れて新しいマレー文化の拠点を築いた都市です。
両都市とも本格的なリゾートホテル、ゴルフ場が林立し、滞在型の観光客も徐々に増えてきております。

16世紀初めにマラッカ王国最後の王により建国され、現在は首都クアラルンプールに次ぐ第二の都市。
マレー半島南端に位置する国境の街で、シンガポールと全長約1050Mのコーズウェイ(橋)で結ばれている。
シンガポールから多くの観光客が訪れ、市内ではイスラム伝統の古い建物を見ることが出来る。
近年大規模な開発(イスカンダル計画)が進められ、2011年には東南アジア初となるプレミアムアウトレット、
2012年にはアジア初のレゴランドがオープン予定で、マレーシアで一番急速に発展している街の1つでもある。

主な観光スポット
State Secretariat in Johor

スルタン・イブラヒム・ビルディング

マレーシアとコロニアル調が調和した建物で、ジョホールバルのシンボル。 ※見学するには事前の許可が必要です。

イスタナ・ブザール

街の中心から車で約20分 1806年に建てられ、16-18世紀に繁栄したジョホール王国の王宮。 53ヘクタールの敷地に王宮博物館、日本庭園、茶室等がある。

JHB003-01

スルタン・アブ・バカール・モスク

1892年に建てられたイスラム寺院で、ジョホール水道を見下ろす丘の上に立つ白壁と青い屋根が印象的な建物。 マレーシアの中で美しいモスクの一つに挙げられる。

主なルート
※日本=成田空港・羽田空港
※ご案内するルートは毎日運航していない路線もございますので、予め了承下さい。

日本からクアラルンプールを経由してジョホールバルへ
日本⇔(飛行機)⇔クアラルンプール⇔(飛行機)⇔ジョホールバル 合計約8時間半
所要時間は日本⇔クアラルンプール間が7時間半、クアラルンプール⇔ジョホールバル間が約1時間

日本からシンガポールを経由してジョホールバルへ
日本⇔(飛行機)⇔シンガポール⇔(飛行機)⇔(車)⇔ジョホールバル 合計約10時間
所要時間は日本⇔シンガポール間が7時間半、シンガポール⇔ジョホールバル間は陸路で約2時間半
※週末や休日前後のゴーズウエイは大変混雑します。時間には余裕を持ってご旅行下さい。
お知らせ

海洋保護税の準備を日本国内で持参する事をお薦めした方が良いかも知れません。

【お客様の声】今回は人数変更やホテルの設備の確認などで、速やかで丁寧なご対応を頂き有難うございました。続きを読む

★★★★★★(5点満点で6の評価です) パンコールラウリゾート

<お客様の声>現地案内人のご対応がとても素晴らしく、大変感謝しております。 続きを読む

他にラヤンラヤン島へのツアーを手配している旅行会社が見つからなかったので

<お客様の声>この度は旅行手配ありがとうございました。 おかげさまで楽しい旅になりました。 続きを読む

初めて訪れたマレーシアはとっても親切な感じで、居心地が良かったです。

【お客様の声】この度は、大変~お世話になりました。 月曜日に無事、帰ってきました。 続きを読む

食事とシュノーケルツアーが付いてパフォーマンス的に最高だと思います

お客様の声UPしました。 レダン島行って参りました。 海もビーチも美しく素晴らしかったです! シュノーケルで亀やサメなど沢山の魚が見れてすごく楽しかったです。 続きを読む

スタッフブログ・月別バックナンバー

side-bnr_memo

side-bnr_tel

side-bnr_mail

side-bnr_mail

side-bnr_mail

PAGETOP