旅行のプロフェッショナル「ディスティネーション・スペシャリスト」がご案内するマレーシア・ボルネオ専門旅行会社【マレーシアリゾートクラブ】

パンコール・パンコールラウ島

pankoru-01

豊かな緑と澄み切った海 ファンタジーアイランド

マレー半島北西部にあるルムツの沖合い11kに浮かぶパンコール本島とパンコールラウ島。
2つの島はお互いに並んだ位置にあるが、まったく違った風景を見せるリゾート地です。
パンコール本島は車で1周20分前後の小さな島で、手軽リゾートとしてローカルにも人気の島です。

パンコール島北部に島で一番美しいといわれるテロ ベランガにあるゴールデン・サンド・ビーチが人気でパンコール島南部にあるパジール・ボカクから見る夕日は美しいと評判です。
パンコールラウ島はパンコール島パジール ボカクの前に位置し、パンコール島よりも更に小さな島です。
ONE ISLAND ONE RESORTをコンセプトとしたマレーシアを代表する最高級リゾート、パンコールラウリゾートがあります。
パンコールラウ島には世界のビーチ100選に選ばれたエメラルド ベイがあり、また多くの著名人がプライベートでも訪れる静かな島。

主な観光スポット

エメラルドベイ

世界のビーチ100選に選ばれた事があるビーチ。

取り扱いホテル
パンコールラウ リゾート

6つのカテゴリー(ガーデン、ヒル、ビーチ、シー、スパ、シースイート)が個々の顔を持つマレーシアを代表する高級リゾート。水上コテージとインフィニティ・エッジ・プールが有名です。

パンコールラウリゾート3泊(朝食付)+クアラルンプール⇔ルムツ港⇔パンコールラウ往復送迎

■ガーデンヴィラ 96,000円~
■シーヴィラ 135,000円~
※2名様1室利用 お一人様あたり

モデル日程
パンコールラウ島 現地発着3泊4日 モデル日程

■1日目:午前:クアラルンプールホテル<送迎車>ルムツ港<ボート>パンコールラウ島

■2日目:終日:自由行動

■3日目:終日:自由行動

■4日目:午前~午後:パンコールラウ島<ボート>ルムツ港<送迎車>KLIA国際空港
主なルート
※日本=成田空港・羽田空港
※ご案内するルートは毎日運航していない路線もございますので、予め了承下さい。
ベルジャヤ航空<スバン空港~パンコール空港便>は運休中です。

日本からクアラルンプールを経由してパンコールラウへ
(クアラルンプールから陸路・フェリー移動)
日本⇔(飛行機)⇔クアラルンプール⇔(車)⇔ルムツ港⇔(フェリー)⇔パンコールラウ島
所要時間は日本⇔クアラルンプール間が7時間半、クアラルンプール⇔ルムツ港間は陸路で約3~4時間
ルムツ港⇔パンコールラウ島間はフェリーで40分
専任スタッフおすすめツアー
【60日前早トク】成田午前発直行便<<選べるKL5星ホテル■水上ヴィラに泊まる おとなの休暇~パンコールラウリゾート6日間■

■早トク/アーリーバード60■
◎早期申込割引60:-6,000円(出発60日前予約)

■おとなの休暇~特典■
木・金曜発のご出発に限り
クアラルンプール立寄りプラン(通常3000円)又は、
クアラルンプール空港ラウンジ3時間(通常4000円)が無料特典!
(注)規定販売数が満席となり次第終了させていただきます。

-----------------------------
┌──  クアラルンプール 選択できるDLXホテル ─────┐
★クアラルンプール宿泊ホテルは、以下のいずれかをご選択いただけます。
(追加代金無/申込時選択なき場合は、当社にていずれか手配となります。)
1)ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール:
ベストレジデンス賞を受賞した格式高きホテル。優雅でゆったり派へ。
2)JWマリオットホテル:
リッツカールトンと姉妹ホテルでショッピングセンター(スターヒルズ)へ直結でアクティブ派へ。
3)マジェスティック・クアラルンプール:
白亜の歴史ある高級ホテル。

スタッフブログ・月別バックナンバー

side-bnr_memo

side-bnr_tel

side-bnr_mail

side-bnr_mail

bnr-npo-borneo

PAGETOP