デンパサール日本国領事館より以下の通り、主要空港にてインドネシア観光査証が免除されます。

但し、メナド空港では従来どおり、到着査証(空港にてUSD35取得)となりますので、ご注意下さい。

平成27年6月12日(大15第11号)
インドネシア観光目的査証免除開始について
*******************

在インドネシア日本国大使館

インドネシア政府によれば,日本を含む30カ国の国民に対し、30日以内の観光目的で入国する場合に限り、インドネシア入国査証の取得が免除されるという大統領令が発布され,本12日より実施されるとの情報がありました。
詳しくは空港職員の説明に従ってください。

実施された場合,インドネシア政府の説明によれば,観光査証免除制度の概要は以下のとおりです。

○すべての日本の一般旅券所持者が対象です(IC旅券に限定されません。)
○インドネシアでの滞在期間は30日まで(入国日も含めて数えます)。延長はできません。
○観光目的に限定
○インドネシアの5大国際空港(ジャカルタのスカルノ・ハッタ空港、デンパサールのングラライ空港、メダンのクアラナム空港、スラバヤのジュアンダ空港、バタム島のハン・ナディム空港)とバタム島海港などで適用されます
(その他の空港では、査証免除での入国はできません)。
○到着ビザ(VOA)制度は今までどおり存続されます。31日以上の観光目的(VOAで入国後1回延長可、有料。60日以内)の入国や、就労を伴わないビジネス目的等の入国の場合は、VOAとなります。(手数料35ドル)。

査証免除による入国の場合も、旅券の残存有効期間は6ヶ月以上、査証欄空白ページが十分あることが必要です。また帰路の航空券又は第三国への航空券の提示が求められることがあります。
なお、旅券への入出国印の押印は必須ですので,入出国時には必ず押印されていること及びその内容(日付など)をご確認願います。

(参考:トラブルに遭った際の空港における連絡先)

○スカルノハッタ国際空港内入国管理局事務所(第2ターミナル)
電話:021-550-7185

○スカルノハッタ国際空港警察署
電話:021-550-7393

○スカルノハッタ国際空港警察署(第2ターミナル)
電話:021-550-6028

在インドネシア日本国大使館領事部
TEL 021-3192-4308
FAX 021-315-7156

○ 大使館ホームページ “http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html
○ 大使館閉館中の緊急連絡(24時間対応)
021―3192-4308(代表)
(続けて、①(日本語選択)のあと、②(緊急の要件)をプッシュしてください。)
○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp 
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版)

マレーシア/メナド専門旅行会社 株式会社エムアールシージャパン

https://mrcj.jp/