リゾートに到着すると、何故か部屋がガラス窓のある1棟コテージにアップグレードされてました。
まぁたまたまそこしか空いてなかったのかもしれませんが・・・。

またダイビングセンターの運営が去年とちょっと違っていて、より分かりやすくなってました。

ダイビングですが、今回10日潜ってシパダン3日(去年9日3回)と去年と大差無かったです。
リゾート脇の漁村村に去年無かった水上ダイビングリゾートが10近くできてました。安そうです。
そういう意味でも競争が激しいようで少し残念です。

また本来3、4月がシパダンベストなのだが、最近季節感がおかしいとの事です。
実際、前半は雨か曇りで肌寒く、透視度もマブールで10-18m、シパダンで18mくらいで
シパダンが悪いのはかなり意外でした。

後半ようやく天気も透視度も回復基調でしたが、
それでもシパダン12本のうち晴れたのは3本くらい。
パラクーダとバッファロー意外には大物も出ず、寂しい感じでした。

ラッキーなチームはマンタ見たようです。
またマブールのマクロポイントで、甚平が出たらしいですが、
その前後賞でガックリでした。
全体に消化不良のツアーだったんで、またリベンジ考えます。

マレーシア専門旅行会社 マレーシアリゾートクラブ  https://mrcj.jp/