blog20121212-03

各地域に名物料理やB級グルメが数あれど、
クアラルンプールに行ったら是非食べて 頂きたいのがこちら。

名前はバンミー(板麺)といいます。
普通マレーシアのバンミーは麺が板の形をしたり、スープ入り又は炒められたりしていますが、このお店のバンミーは自家製のもっちもち太麺に、ネギ、挽肉と小魚揚げに半熟卵を載せた汁無しシンプルタイプ。

これをお箸でよーく、よーく混ぜて食べるのがローカル流。
気になる味のイメージは辛くない汁無し坦々麺のイメージ。
半熟卵を混ぜるので、とてもまろやかな味になります。
辛さが足りない方は、お好みでテーブルの上にあるドライチリをどうぞ。

このバンミーのお値段は1杯6リンギット(約200円/3月現在)で、
量は日本のラーメ ンの0.7人前程度。男性なら2杯いけますよ。
家族経営のお店は現地の人達にも大人気でお昼時は30-40分待ち、しかも営業時間 ぴったりに閉まってしまいます。

気になる、お店の名前はRESTORAN KIN KIN 本店。
KLモノレール Medan Tuankuから裏道を歩いて5分です。
昨年クアラルンプール郊外モントキアラのpublikaというショッピングモールのフードコートに支店も出来ました。

クアラルンプールへ旅行の際は是非ご賞味下さい。

 

マレーシア専門旅行会社 マレーシアリゾートクラブ  https://mrcj.jp/