ブルネイ サファディンモスク

「ブルネイってどこにあるか知ってる?」と聞かれて、即座に答えることのできる日本人はかなり少ないだろう。「そんな国、聞いたことない」と答える人もいるだろう。

ブルネイは、ボルネオ島北部にあり、マレーシアに囲まれるように存在する小国で、面積は日本の三重県とほぼ同じだ。石油や天然ガスといったエネルギー資源が豊富で、裕福で平和な国だ。政治体制は立憲君主制で王様が国を統治している。首都はバンダル・スリ・ブガワン、首都ではあるがコンパクトな街で行政地区と商業地区に分かれている。行政施設や博物館、市場などがあるが、高層建築はほとんど見られない。そんな中で、立派なモスクがひときわ目立っている。少し離れた場所にガトン地区という商業エリアがあり、ホテルやレストラン、ショッピングセンターなどはこちら集まっている。

一方、国土のほとんどは熱帯雨林に覆われているため、珍しい動植物が多く、エコツアーにはもってこいの場所でもある。バンダル・スリブ・ガワンの中心部から、車で15分ほどの船着き場からリバーサファリツアーに出発することができる。また、500K㎡の大森林地帯、テンブロン国立公園では、トレッキングやキャノピーウォーク、ラフティング、ジップラインなど、様々なアクティブティーを満喫できる。

今回から、7回にわたって、ブルネイの様子をお伝えしたいと思う。

まず、1回目は、ブルネイを象徴する美しい2つのモスクをご紹介しよう。

ブルネイ サファディンモスク

まず1つ目は、スルタン・オマール・アリ・サファディンモスク(以後、サファディンモスクとします)。前国王の名前を冠した、王室のモスクである。バンダル・スリブ・ガワンの中心部に位置する。モスクの前は人工のラグーンになっており、王室の船のレプリカが浮かんでいる(冒頭の写真)。モスクにアクセスする橋の入口のところでは、水面に映るモスクの姿が見られる。

ブルネイ サファディンモスク

サファディンモスクは2階建て、ミナレットの高さは50m。

サファディンモスクの入口

正面のゲートから、モスクの入口を見たところ。幾何学模様の道が、いかにもイスラム教らしい。

サファディンモスクの内部

サファディンモスク内部の様子。シャンデリア、ステンドグラス、絨毯などは、世界中から取り寄せられた一級品ばかり。

サファディンモスクの夜景

サファディンモスク正面入り口

夜はライトアップされるので、夜景も美しい。

ジャメモスク

続いては「ジャメ・アサール・ハサナル・ボルキア・モスク」(以後、ジャメモスクとします)をご紹介しよう。

バンダル・スリブ・ガワンから来たに2.5kmほど離れた場所にあるガトン地区の少し手前に位置し、金色のドームと4本にミナレットが印象的なモスクである。5000人を収容できるという巨大なモスクは、現国王の即位25周年を祝い建設された。

ジャメモスクと噴水

ジャメモスクには、美しい噴水がある庭園があり、モスクの美しさを一層引き立てている。

ジャメモスク 外廊下

ジャメモスクにも、幾何学模様のタイルで飾られてた美しい外廊下がある。

ジャメモスク夜景

ジャメモスクの美しい夜景

ジャメモスクは、夜景が特に美しいことで有名である。まさに、黄金のモスクといった印象である。

シンメトリーなミナレット ジャメモスク

ジャメモスクを夜訪れたら、噴水の水が止まっていたので、このように水鏡にミナレットが映る幻想的な光景を目にすることができた。

マレーシアにも多くのモスクがあるが、それと比べても、ブルネイのこの2つのモスクは豪華で美しい。昼・夜それぞれ違った顔を見せてくれるので、ブルネイ滞在中時間が許せば是非2度訪れていただきたい。

 

*本稿で使用されている画像の版権は、トラベルガイド株式会社に属します。無断使用は、固くお断りいたします。もし、無断使用が発覚した場合は、トラベルガイド社規定に基づく使用料を請求させていただきます。